日本の今年の漢字(2006)

日本汉字能力鉴定协会(位于京都市)12日在京都市东山区的清水寺内公布了象征2006年世态的汉字“命”作为“今年的汉字”。“悠”和“生”分别列代表今年汉字的第2、3位。

据该协会称,选择“命”作为今年汉字的原因,一方面是秋篠宫亲王王妃产下了天皇长孙悠仁,另一方面则由于学生在校受欺负后自杀以及虐待事件的频发,两者都“使人们深刻体会到只有一次的生命是多么的沉重和宝贵”。

“今年的汉字”(日文:今年の汉字,ことしのかんじ)是日本汉字能力鉴定协会组织的一项年度性活动,即面向日本全国征集一个适合该年世态的代表性汉字。从1995年起,在每年的12月12日(汉字日)前后,京都的清水寺住持(日文:贯主)都会挥毫把“今年的汉字”写在一张特大的宣纸上。然后供奉在一个千手观音菩萨面前。

生まれた命

秋篠宮紀子さまがご出産。皇室に約40年ぶりの親王「悠仁さま」ご誕生。
絶たれた命

いじめによる子供の自殺が社会問題化。履修漏れの責任をとって校長も自殺。
奪われた命

飲酒運転による交通事故、虐待による殺人が多発。竜巻で命を奪われた人も。
膨らむ命の不安

北朝鮮の核実験、高齢者の医療費増大、臓器移植問題、医師不足・・・
2005年 今年の漢字
悠仁親王のご誕生に、日本中が祝福ムードに包まれた一方、
いじめによる子供の自殺、虐待、飲酒運転による事故など、痛ましい事件が多発。
そんな中、北朝鮮で核実験、国内では医療問題が続出して・・・
ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年。

日本の今年の漢字官方网站:点这里

日本の今年の漢字(2006)》有2个想法

评论已关闭。